ワイナリー・ブリュワリーツアー


イタリア・フランスと並んでワインの生産地として有名なアメリカ。
世界中で人気になりつつあるクラフトビールやアメリカの地ビール。
せっかくアメリカに行くのなら、今度の旅はちょっと大人な楽しみ方をしませんか♪
ワイナリーブリュワリー(醸造所)を巡るオプショナルツアーをご紹介します。




ワイン好きなら一度は訪れてみたい、カリフォルニアワイン名産地「ナパバレー」

サンフランシスコから北に一時間、そこには壮大なブドウ畑が広がっています。

カリフォルニアの豊かな太陽をたっぷり浴びて育つブドウと、

長い年月をかけて培われた技術で世界トップレベルのワインを楽しむことができます。

ガーギッジヒル、ドメンシャンドン、モンダヴィ、ブイサッツイ、オーパスワン

などの有名ワイナリーが点在し飲み比べもできます。

J-Pacのツアーでは、ナパバレーでワインテイスティングをして、

ナパプレミアムアウトレットにもいける大満足なツアーを行っております。


また、ナパバレーのブドウ畑の間を走るレトロ調の列車に乗りゆったりした時間の中で

昼食をお楽しみいただけるワイントレインツアーもご用意しております。

 途中ワイナリーに寄ってツアーに参加し、試飲も楽しめます。

列車内でワイナリースタッフが誘導するので安心してお楽しみいただけます。



ロサンゼルスダウンタウンの北側にあるアートディストリクトは、
ローカルのアーティストが住んでギャラリーを開いていたり、
雑貨屋やウェアハウスがあったりととてもおしゃれな地域です。
なかでも、「エンジェルシティブリュワリー」はアートディストリクトで一番目立つスポットで、
倉庫を改装したアーティスティックな建物は外見も内装もユニーク。
IPAをはじめとした多くのクラフトビールを揃えています。
「アートディストリクト・ブリューイング」は2016年にオープンしたばかりの
とてもお洒落なブリュワリー。アメリカではメジャーなゲームのスキーボールや
コーンホールが置いてあるのでビールを飲みながらわいわい楽しめます。 
J-Pacのツアーでは、ブリュワリーだけではなく、ユニークなソーセージを使った絶品ホットドッグが
食べられる人気の隠れ家店Wurstkücheにもご案内します。


南カリフォルニアワインの名産地「テメキュラ」
サンディエゴから北東へ車で約1時間、サンディエゴ郊外の街です。
テメキュラバレーと呼ばれる一帯に、35以上のワイナリーが集まっていて
ヨーロッパのような街並みがとても魅力的です。
熱気球やゴルフでも有名な町で、太陽の光をたくさん受けて育ったぶどうから作られた、
非お試ししていただきたいおすすめワインです
J-Pacのツアーでは、テメキュラでも一際目立つSouth Coast Winery
ゴルフブランドCallawayの創始者Ely Callawayのワイナリーを巡ります。


サンディエゴに拠点を構える「ストーンブリューイング」は、
2人のビール愛好家により1996年に設立されました。
クラフトビールの火付け役的存在です。ユニークで深みのある味は大人気で、今ではアメリカで
TOP10に入る大きなクラフトブリュワリーとして、ローカルからも世界中でも愛されています。
そんな人気のビールを、是非発祥地で味わってください。



シアトル「シャトー・サン・ミシェル ワイナリー」はシアトル郊外ウッデンヴィルの
スティムソン卿の邸宅を改築した白ワインの醸造所です。
ワシントン州で最初にワイン造りを始めた最も古い歴史を誇る、最大規模のワイナリーです。
シアトルの人気観光地を巡るツアーでは、ワイナリーだけではなく
スノコルミー滝やマリナーズのホーム
T-モバイル・パーク」(旧:セーフコフィールド)やパイクプレースマーケットなどの市内観光もできる、
盛りだくさんな内容となっております。



ボストンには、2大有名ビールブランド「サミュエル・アダムス」と「ハープーン」があります。
アメリカ人の「飲みたいビールランキング1位」に選ばれたこともあるサミュエル・アダムスは、
アンバービール特有の濃いめの色と味わいが人気の秘密。
「ハープーン」はIPAが一番人気で、ユニークなフレーバービールも取り揃えております。
ブリュワリー限定のフレーバーなども味わうことができます。



※掲載内容は2019年1月現在のものです。予告無く変更となる場合がございますのでご了承ください。
※写真はイメージ画像です